家を購入するときのポイント

戸建分譲住宅、マンションを購入する際には、交通の便や環境、価格や間取りなど、さまざまな観点から検討しなければなりません。しかし、立地がよければ価格が折り合わなかったり、価格が手頃だと狭かったり、間取りが悪いなど、希望条件に合う物件を選ぶのはなかなか大変です。家族が笑顔で暮らせる家を購入するために気を付けたいことは何でしょうか?

家購入の際は、優先順位を決める

まず、家族でどんな暮らしをしたいのかを話し合い、希望する条件の優先順位を決めていきます。
子どもの受験期が近いのなら・・・希望する教育施設への交通を優先してもよいですし、
将来買い替えを考えているのなら・・・子どもの小さい間は少々狭くても買い替えしやすい良質の物件を選ぶとよいでしょう。
共働きの夫婦の場合・・・近くに保育施設があるかもポイントです。マンションの場合、管理体制が充実しているかも優先度の高い項目です。

多方面から情報を集め、じっくり比較検討する

よい住宅を購入する秘訣は、まずはいろいろなルートから多くの情報を集めることです。多くの物件やモデルルームを見ることで、物件を見る目が肥えてきますので、何よりも脚で歩いて情報を集めましょう。住宅の購入は、一生に1度か2度の大きな買い物ですし、住環境は子どもの成長にも大きく影響してきます。次のチェックポイントを参考に、間違いのない物件選びをしてください。

住宅を選ぶ6つのポイント

  • POINT1:

    交通の便

    広告に表示されている交通の所要時間には、待ち時間などが計算されていないのでご注意を。バス利用の場合は、通勤時間帯の所要時間も確認しておきましょう。
  • POINT2

    生活環境

    生活施設や教育施設が整っているかをチェックします。また、子どもが遊べる公園など潤いのある環境も必要でしょう。
  • POINT3

    敷地・間取り

    戸建分譲住宅の場合、まず敷地の造成に問題がないかを確認すること。敷地面積が登記と同じであるかも見落とさないように。確認申請内容と合致しているかも確認してください。
    建物全体では、間取りが家族の要望に合っているか、収納スペースが十分あるか、キッチンや洗面・浴室の配置で、動線が機能的かどうかも重要なチェック項目です。
  • POINT4

    設計・設備

    住まいが快適かどうかは家の性能にかかってきます。採光や通風はよいか、遮音性や断熱性が高いか、耐震性は十分か、防犯対策は大丈夫かなど、チェックしておきましょう。さらに給湯設備や電気配線、空調換気設備は省エネルギー対策がとられているか、情報設備は未来の情報時代に対応可能かなど、細かく確認が必要です。
  • POINT5

    価格・資金

    物件の価格は大きな決め手となります。住みたい地域の価格帯と相関する床面積の情報をしっかり集めましょう。そのうえで、いくらまで資金調達が可能なのか、プロに相談しながらしっかりした資金計画を立ててください。また、物件の購入費用だけではなく、登記や保険など諸費用がどの程度かかるのかも把握しておかなければなりません。
  • POINT6

    将来性

    新興住宅地で気を付けたいのが、新線の計画や、生活施設の計画です。その計画が確実であるかをチェックしましょう。
    マンションでは管理体制が充実しているかも確認します。常駐する管理者やオートロックシステムの有無、非常時のセキュリティーシステムなどがチェックポイントです。
このほかの疑問・質問はこちら
OZONE住まいづくり相談

新築・建て替え、リフォームやインテリアについての疑問や不安をお持ちの方は、まずは住まいづくりの専門家に相談を。お客様にあった計画を見つけるために、依頼先の探し方や仕上げ材の選び方、資金のことまでコンサルタントが親身におこたえします。

詳しくはこちら


無料セミナー多数開催 住まいづくり、インテリアのことならOZONEのショールームへ 東京ガスグループのOZONE。新宿のOZONEにあるショールームなら、住まいづくりのヒントやこたえにきっと出会えます。 年間60万人が訪れるOZONEへ来てみませんか? OZONEをチェック!