家づくりチェック術編 省エネ効果の高い家づくり

家庭での省エネルギーを実現させるための工夫はいろいろありますが、今回は「窓」の考え方を中心に、省エネ効果の高い家づくりについて考えてみましょう。

教えてくれるのはこの人!

住まいづくりコンサルタント

セミナー情報を見る

敷地条件によって考える

高い省エネ効果を実現させる住まいは、大きく分けて2つのタイプがあります。

「開放型」と「閉鎖型」

開放型住宅

日本の伝統的な建物の形で、太陽や風といった自然エネルギーを利用し、暖房や冷房等の利用を出来るだけおさえる住宅。

閉鎖型住宅

断熱・気密性能を高めることで、住宅内で消費されるエネルギー使用量をおさえる住宅。

開放型といっても現在は断熱材や窓の性能が格段にあがったことで、非常に断熱性能がいい住まいになってきました。昔の「夏を旨とすべし」と言っていた、すきま風がビュービュー吹き抜ける住宅とはまったく別次元の住宅になっています。 これらの省エネ住宅には、敷地条件が大きく関わってきます。たとえば、都心部の密集した住宅地の場合、冬場の日差しが望めない可能性もあり、そのときは暖房に頼らざるを得ないので、必然的に閉鎖型の高断熱住宅になります。逆に郊外であれば冬の日差しを取り込んだり、夏は窓を開け放ち風通しのいい住まいにすることができます。

専門家のコメント

もちろん、省エネだけではなく、その場所でどうすれば快適な住環境を実現できるかを考えることも重要です。敷地条件を加味して効率よく高い省エネ効果を得られる工夫をほどこし、かつ快適に暮らせる家づくりを目指しましょう。

窓まわりを考える

家の性能に大きな影響を与える窓についてまとめてみましょう。

窓まわりを設計する際のポイント

大きい窓は外の景色を楽しめますし、たっぷりの日差しで部屋の中を暖かく明るくしてくれます。また、開け放てば風が通り抜ける気持ちのいい部屋になります。しかし、窓が大きければそれだけ断熱ロスが大きくなる欠点があります。そもそも住宅密集地では大きく窓をとりにくい場合もありますので、窓自体をバランスよく配置し、窓装飾を上手に取り入れていくことが大切ですが、多くの人がおろそかにしています。そこで、窓まわり(開口部)の設計に関するポイントをいくつか見てみましょう。

屋根(軒の出)、庇(ひさし)

夏の日差しと冬の日差し

冬場は日差しを部屋の中に取り入れることで、暖房に頼らなくても暖かく過ごすことができますが、逆に夏場は暑くなりすぎるので、庇を上手く使い日射をコントロールすることが求められる。


複層ガラス

二枚のガラスの間に空気層を設け、断熱性能を向上させたガラスのこと。

Low-Eガラス

ガラス表面に金属膜をコーティングすることで遮熱・断熱性能を高めているガラス。庇を設けられない場所、西日があたってしまう窓などには、Low-Eガラス(遮熱タイプ)を取り付けることによって日射の侵入を防げる。


断熱サッシ

気密性能を高めることにより断熱性能を高めたもの。

複層サッシ

二重サッシとも言われ、サッシを二重に設けたもの。断熱性能だけではなく遮音性能も高い。


外付けブラインド

写真提供:オイレスECO(株)

窓の外側に取り付けるタイプのブラインド。室内に侵入する日射熱を2~3割に低減してくれます。同じ役目をするものでは「ルーバー」があります。

これらを住まいの条件により組み合わせることが開口部の設計において重要になります。たとえば、軒の出を出せない場合には、日射対策としてLow-Eガラスが有効になりますし、昔ながらの「すだれ」や「よしず」等は非常に有効な日射対策です。

ワンポイントレッスン:このような住宅の場合は?

1階

1階の南向きの部屋は、夏至前後の6ヶ月間日射がありますので、夏に暑い部屋になることが予想されます。庇を設けたり、ガラスをLow-Eガラスにする、または外付けブラインドの設置などを考えるとよいでしょう。
逆に冬には日射が見込めずに寒いことが予想されます。断熱性能を高めるために、最低限、複層ガラス、できれば断熱タイプのサッシを選びたいところです。

2階

2階の窓を見ると、夏期以外の約8ヶ月間に日射があることが分かります。このことから複層ガラスでの対応で問題はなさそうです。
この建物の条件では、南側に建物が接近して建っているので、2階の環境がいいと判断して、この部分にリビングをつくるのもいいのではないでしょうか。冬の時期、1階が寒いようであれば暖房設備も考慮する必要があります。

専門家のコメント

家づくりは、その敷地に誰が住むのかによってまったく違ってきます。今回は窓の考え方を中心に一つの例を挙げましたが、設計はいろいろな要素を考慮して計画を進めていきましょう。

もっと詳しく知りたい方は…セミナーへ出かけよう<参加無料>

OZONE住まいづくりセミナー

ずっと快適に暮らしたい! 考えておきたい設備のコト

「最適な設備選び」とは? 設備単体を選ぶのではなく、3つの手法(建築計画、設備計画、住まい方)をバランスよく取り入れることが大切です。365日を快適に暮らすためのポイントをお伝えします。

詳細・お申込み

OZONEで体験!家づくり

セミナー
「新築・建て替え、リフォーム」から「インテリア」まで多様なセミナーを開催。参加費は無料です。

ショールーム
家具・照明などインテリアから、キッチンなどの設備、フローリングなどの建材まで揃っています。

新築・リフォームのコンサルティング
山登りのガイドのように、あなたの家づくりの計画段階から、建築家・工務店・ハウスメーカー選び、設計、工事までをサポートします。


無料セミナー多数開催 住まいづくり、インテリアのことならOZONEのショールームへ 東京ガスグループのOZONE。新宿のOZONEにあるショールームなら、住まいづくりのヒントやこたえにきっと出会えます。 年間60万人が訪れるOZONEへ来てみませんか? OZONEをチェック!