家づくりを
はじめる前に

家づくりを始めたら、皆さんは「お客様」ではなく、「家をつくる事業者」です。数千万ものお金を相手に預けて、満足するものを作ってもらわなければいけません。納得できる家づくりのために、家づくりを始める前に考えておくべきなのはどんなことなのでしょうか。

教えてくれるのはこの人!

山内あきよし

OZONEスタッフ
山内あきよし

セミナー情報を見る

家づくりを上手にすすめるための6つのポイント

後悔しない家づくりのために、家づくりをはじめる前や、家づくりの途中で考えておきたい6つのポイントを紹介します。家族と一緒に考えてみましょう。

家の性能

家の性能には様々なものがあります。表-1は家の性能を考えるときの一つの参考となる「住宅性能表示制度」です。 例えば「構造の安定」とは、家の強さに関することですし、「火災時の安全」とは、家の中で火が出たときに燃え広がりにくいとか、近隣で火災が起きたときに延焼を受けにくい、などです。その他、長く住むにあたり維持管理がしやすいか、高齢者になったときに住みやすいか、なども家の性能のひとつです。これらひとつひとつの項目に対して、自分たちは、より性能の高さを求めたいか否かの判断をしながら、家づくりを進めていきましょう。

表-1「住宅性能表示制度」・構造の安定に関すること・火災時の安全に関すること・劣化の軽減に関すること・維持管理・更新への配慮に関すること・温熱環境に関すること・空気環境に関すること・光・視環境に関すること・音環境に関すること・高齢者等への配慮に関すること・防犯に関すること

家の機能

家の間取り図がある程度出来上がったら、その間取り図を使って、自分たちが実際に暮らすシミュレーションをしてみましょう。朝の忙しい時間や、家事をする動き、家に帰ってから寝るまで、家族がどのように暮らすかを想像してみると、苦心して作り上げた間取りも案外暮らしにくいところがあることが分かってくることも。間取り図ができてきたら生活の動線を確認してみることはとても大切です。
また、設備のことも設計者や工事会社だけを頼りにせず、自分自身でも調べてみて、ランニングコストも含め、納得のいくものを設置するようにしましょう。

家の安全・安心

安全に、安心して暮らせるかという側面で家づくりをチェックします。例えばアレルギーに配慮した材料が使われているか、特に高齢者や小さいお子さんがいる場合は、怪我や事故に配慮されたつくりになっているかなどもポイントです。また、防犯に配慮された家であるかも重要です。
また、工事中の「安心」という意味では、万一の倒産事故に備える「完成保証」や、工事中の重要ポイントをチェックする第3者による「工事中の検査」を利用して、安心・安全を手に入れるという方法もあります。

暮らし方

家づくりではついつい改善点ばかり考えがちですが、今までの暮らしでよかったことも振り返り、その部分を残していくことも大切です。モデルルームのような素敵な家ができあがっても、家族のライフスタイルとマッチせず暮らしにくくなってしまったのでは意味がありません。
家族の将来のライフスタイルと、自分たちの感覚を大切にしましょう。家づくりに関しては設計者や工事会社はプロですが、「自分たちのくらし」に関しては、みなさんのほうがプロなのです。

家のデザイン

家は、完成して何十年もの時間を過ごす場所です。自分たちがずっと好きな、これからも好きで居つづけるだろうデザインと、目新しさ・流行を楽しむデザインとは、区別しましょう。具体的には、ここ数年楽しみたい流行は、後で替えやすい部分に取り入れるほうがいいと思います。
また、大切にしている思い出の家具を新居に持ち込む場合には、そのサイズだけでなく、色味やテイストも合わせてください。
それでないと、インテリアとちぐはぐで、大切な家具が古ぼけて見えてしまったりします。

家づくりのコスト

お金のことは、設計者や工事会社に任せきりにせず、ぜひ自分でも予算全体のことを考えてみてください。全体の予算が3,000万円の場合、家本体にかけられる予算はその7割〜7割5分の2,100〜2,250万円が目安になります。その他に諸経費がかかりますし、忘れがちなのは消費税。同じ「2000万円」でも税込か税別かで、100万円もの誤差が生じます。早い段階から全体予算を考えて家づくりをすすめることで、バランスがとれ、予算オーバーを防ぎやすくなります。また、住宅ローンを組む場合は、「銀行が貸してくれるお金」ではなく、「自分たちの生活を維持しながら借りていいお金」を基準にし、営業マンや銀行の言いなりにはならないようにしましょう。

家づくりにかかるコストについて詳しくはこちら「家づくりにかかる費用」

専門家のコメント

“家づくりの記録”をノートに残しましょう。夢や希望だけでなく、設計者や工事会社に伝えるべきことも残していきます。書き残すことで伝え忘れることを防ぎ、どのように伝えたかの記録にもなります。家が完成してからはメンテナンスやリフォームの記録も記す、「家歴書(かれきしょ)」というシステムもあります。

専門家の話を聞く!参加無料セミナー情報!

比べて納得!資金から考える 賃貸or購入、戸建てorマンションの選択

自分に合う家とは? それぞれの特徴を比較することで始めて、今後の住まい方が見えてきます。ライフプランを見据えた 住まい探しのポイントをお伝えします。

比べて納得!資金から考える 賃貸or購入、戸建てorマンションの選択

もう大丈夫! 家づくりを成功に導くお話

20年にわたり1000棟を超える家づくりをサポートし、多くのお客様から高い満足をいただいてきたOZONEの実績から、家づくりを成功に導くステップ、重要ポイントをお伝えします。

もう大丈夫! 家づくりを成功に導くお話
OZONEで体験!家づくり

セミナー
「新築・建て替え、リフォーム」から「インテリア」まで多様なセミナーを開催。参加費は無料です。

ショールーム
家具・照明などインテリアから、キッチンなどの設備、フローリングなどの建材まで揃っています。

新築・リフォームのコンサルティング
山登りのガイドのように、あなたの家づくりの計画段階から、建築家・工務店・ハウスメーカー選び、設計、工事までをサポートします。


無料セミナー多数開催 住まいづくり、インテリアのことならOZONEのショールームへ 東京ガスグループのOZONE。新宿のOZONEにあるショールームなら、住まいづくりのヒントやこたえにきっと出会えます。 年間60万人が訪れるOZONEへ来てみませんか? OZONEをチェック!